カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

白い散歩道

今は冬です。北スウェーデンの冬といえば、暗さと寒さ。しかし今シーズンはとっても暖かく、恐らく新潟や長野の方が寒かったと思われます。暖かいのは体が楽だけれども、地球的には良くありません。その時その場所に適した気温というものがありますので、どうか寒くなって下さいと願っていました。

願い、叶う

はい。今日叶いました。−13℃で体感気温は−17℃。まだちょっと暖かいですが、良しとしましょう。仕方がありませんね....。地球のことを思えば、寒いとか言っていられません。

それにしても。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いね!

言うよ、何度でも。

寒いね!

でも知っています。北極圏はまだ本気を出していません。−20℃も余裕で超えますので、今から心して時を待ちたいと思います。

ティトはヒートテック的なインナーに毛糸やダウンを重ね着してお散歩。ここでは特別な事ではありません。むしろティトは厚着の方です。ここで暮らす犬達はいつも通り毎日3回散歩に出掛けます。

まだ震える寒さじゃないよ。
 

冬バージョン

家の裏から続く散歩道。そこではティトはノーリードで自由に散歩を楽しみます。季節によって変わる風景も散歩の楽しみの一つです。

秋は紅葉がきれいでした。

kawaiiinu-tito.hatenablog.com

夏は緑でいっぱいです。

kawaiiinu-tito.hatenablog.com

そして冬。裏道は真っ白になりました。

今、僕は、片足をあげている。
なぜって?言わないよ。

 

この時、時間は12時半。もうすぐ日没でしたが、珍しく快晴で太陽を見る事が出来ました!何日振りでしょうか...。この時期こんなにはっきり見える事は稀です。

しばらく光を浴びて、エネルギーをチャージしました。

マリメッコなどの北欧テキスタイルが何故派手な色使いで、大胆なデザインなのか、暮らしてみて良くわかりました。この暗い冬、せめて家の中は明るく華やかに飾ろう、鮮やかな色や力強いデザインからパワーをもらおう、という工夫から導かれたものです。私自身、そんなテキスタイル達にどれだけ癒されているか...。助けになるものは音楽であったり、スポーツであったり、人によって様々だと思います。暮らしの知恵。先人達の偉大さを改めて感じます。

幸せしかない

帰宅後、ティトは昼寝に突入します。お正月ですから、私も一緒に昼寝を楽しみました。するとどうでしょう。幸福感もチャージすることができました。

うね

 

安心しきった寝姿のティト。なんてかわいいんでしょう...。足がアザラシの赤ちゃんみたいになっています。

うねうね

 

たまにぐいーんと伸びては大きなため息をつき、また寝相をかえます。私は眠るどころではなく。ティトが可愛くて目を離せず、睡眠の邪魔をしないように写真を撮りまくりました。

あぁかわいい...。ここには幸せしかありません。出来る事ならむぎゅうと抱きしめて、お布団にもぐってぬくぬく一緒に過ごしたい...。ティトはあまりベタベタされるのが好きではないので、それが無理なのはわかっています。私は眺めてニヤニヤするのみですが、我慢出来ます。だってかわいいから...。

……これでも?

 

う、うん。か、かわいいじゃ...ん。

ティトはたまにえげつない寝顔になることがありますが、これからもこんな幸せを満喫したいと思います。

北欧テキスタイルの力強さと、コツコツすすめる手仕事、そしてティトからもらった幸せホルモンで冬を乗り切る!