カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

許される存在

気持ちの良い風で桜の花も散り、初夏に向けてまっしぐら。花粉症の方はつらいですが、良い季節ですね。

残念ながら北スウェーデンではまだまだ先の話になりそうです。だって朝起きたら吹雪いていましたから...泣。そもそもこの街に桜はないし。

ブルブルブル

 

綺麗な景色ですが、もうだいぶ見飽きてしまいました。そろそろお願い、緑が見たいよ...。やっとクロッカスのつぼみが出てきてもうすぐ花が咲きそうですが、他のお花は5月に入らないと見られないでしょう。あと半月。待ち遠しい!

 

雪が大好きなティトは何ら問題なし。

にやっ!

 

私としては雪には早く解けてもらって、気持ちの良い芝生でティトと追いかけっこをしたいのですが。

4月の道路はぐちゃぐちゃです。水分を含んだ雪、雪解け水、滑り止めの砂利、それらが混ざり合うので、散歩では長靴やスノーブーツが未だに欠かせません。早くそれも手放したい!

 

ハバニーズは足が短いので、お散歩では足だけではなくお腹もとても汚れます。散歩後は毎回洗ってドライヤーで乾かしますが、毛の奥に入り込んだ細かい砂は取りきれず。時間をかけて体から離れていくその砂で、部屋の中がシャリシャリするのもこの時期ならでは。良くも悪くも、掃除の頻度は上がります。

お湯では落ちない泥で、ティトの足が黒い今日この頃。冬の間は3週間に一度のお風呂も、春から夏は2週間に一度のペースに切り替えます。バスタブにいるティトを中腰で洗うので、毎回私の腰は悲鳴をあげます。綺麗に洗える喜びと、腰痛への憂鬱さの狭間で揺れる飼い主心ですが、今回のお風呂はちょっと楽しみが勝りました。

 

先日友人にお願いして送ってもらった、泡が出てくるボトル。

kawaiiinu-tito.hatenablog.comそれを試す日がやってきました!楽しみ!

 

 入念にブラッシングをした後、バスタブにイン。地肌に行き届くようじっくりとシャワーで体を濡らし、いざ泡ポンプをプッシュ...!

ぬーん

 

一度に沢山泡は出ませんが、十分です。何度もプッシュしてはティトの毛に擦り込み、馴染ませていきます。遊んで写真を撮っていた私に訴えるかのように、ギラッとした視線を送り続けるティト。ごめんねーと言いつつ、泡をお尻にのせたりしばらく遊んでしまいました。写真はその後撮らなかったから許してね、ティト!

 

すっきりさっぱり、ふわふわ綺麗になったティトがこちら。

きりっ!

 

もう一枚?

 

まだ?

 

....怒るよ?

 

ごめんごめん、また遊んでしまいました。少しずつ撮る位置を上にしてみたのですが、最後までティトはお付き合いしてくれました。かっわい。個人的には尻尾も足も隠れちゃった3枚目がお気に入り。

 

明日にはまた真っ黒になってしまいますが、仕方がありません。汚れてもお散歩が楽しければ良し。楽しそうなティトの顔を見ると全てが報われます。

お皿を割っても、寝坊しても、お米を炊き忘れても、楽しそうな顔をしていたら私も全てが許されるでしょうか。試してみる価値あり。結果報告がなければ、あいつ怒られたんだ、とお察し下さいませ。