カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

毎日我慢はイヤだからね!

先週末は猛吹雪だった北スウェーデン。だいぶ雪が減ってきたなーと思っていたのに、あっという間に辺り一面また雪に覆われてしまいました。

雪だけならまだしも、風も強かったので裏庭の木がユッサユサしていました。

私達は滅多に散歩をお休みする事はありませんが、この日は流石にやめた方がいいと思い、排泄の為に朝と夜だけで行って、お昼は久しぶりにおうちでごろごろしました。

ティトはあれ?行かないの?と不思議そうにしていましたが、外の景色を見せたら理解したのか何なのか、自分のベッドに行って眠り始めました。

 

そして今週。快晴です!

わーい

 

太陽の光は偉大なり...。道路もそうですが裏庭もだいぶ雪がとけたので、お散歩の締めにはそこで松ぼっくりを投げて遊びます。ティトはノーリードでそこら中走り回り、とっても楽しそうでした。

 

帰宅後はすぐに昼寝をします。

私は今日ちょっと仕事が忙しく、散歩後はすぐにでも取り掛からなければいけなかったのですが、昨夜は変な時間に目覚めてしまって睡眠不足でした。そこで、30分だけ仮眠をとることに。ベッドで寝たら起きれる自信がなかったので、リビングの床に横になりました。

ティトも一緒に寝ようよ。と誘いましたが、自分のベッドから冷めた目で私の事を見ていました。ぼくはそこじゃ寝たくない、って。

固い床の上なのに、あっという間に眠りに落ちて30分後。スッキリ目覚めました。早速部屋を移動して仕事を始めましたが、しばらくすると離れた所でティトの足音が聞こえました。あれ?と思ってリビングに行ってみると...?

ぐぅ。

 

さっきまで私が寝ていた場所で眠っていました。おいでと言われたら来ないのに...飼い主ににてあまのじゃく。それとも単に私のことがイヤだった...?かなしいぞ。

 

その一時間後に目覚めたティト。

ねぇ、そろそろぼくと遊ぶ時間だよね?

 

かわいいなぁ...。このように誘われたら普段は迷わず家中を走り回って遊びますが、今日は無理。夕方のお散歩まで我慢してもらわなければなりません。

ごめんね、Matteは今日忙しいんだよ。

そう言うと、ティトは駄々をこねずに大人しく過ごしてくれます。あまりにも大人しいので、気になって背後にカメラを向けてみると...?

今日は我慢か...。ぶにゅう。

 

あぁ愛おしい...!私と遊ぶ為のボールを用意しながらも、我慢してくれている...。お仕事、頑張るからね!!

 

ティトと遊ぶ余裕がないほど忙しい時は稀です。こんな日のティトはずっと眠っていますが、それは色々理解した上で我慢してくれている昼寝です。決して眠いからでも、疲れているからでもありません。世の中には知育おもちゃや美味しい犬用ガムなどもありますが、犬にとっては人と一緒に遊ぶ事も楽しくて幸せな時間なはず。

うちの犬は10時間もお留守番出来る!と自慢する人や、ネットでは”犬を長時間お留守番させる方法”なるものを目にすることもあります。年に数回そんな日があるのは仕方がない事かもしれませんし、やむを得ない事情も時にあります。が、それが日常だと言われると悲しくなります。

動物は人を癒そうとする気など全くないでしょう。結果、私達が癒されているだけです。ティトが望む事はきっと、ただ毎日楽しく安心して暮らしていくこと。ティトの嬉しそうな顔を見ると、私達も嬉しくなって平和が訪れます。どちらにとっても良いのがベスト。

今日は我慢させちゃったので、明日はこちらからお誘いして、満足いくまで楽しんでもらいたいと思います。

あ、ティトが最後になにやら言いたそうです。

 
仮眠とる時間はあったのに、ぼくと遊ぶ時間はなかったんだね。まぁいいんだけどね。ぼくは忘れないよこういう事。まぁいいんだけどね。
 
だって!全然まぁよくないですね。犬はこういう事もきちんと覚えています。ちょっと失った信頼を、明日からまたコツコツ溜めていきます...。