カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

妖怪むしくわれ

まだ始めて1ヵ月のこのブログで、蚊の話題は何度出てきたでしょう。しつこいようですが、今日もです。

全てのモノどもにとどめを刺したいところですが、到底無理です。少しでも身を守れないかと、悪あがきをしているお話です。

日本と比較

まずは北スウェーデンと日本の蚊を比較してみます。

大きさは日本の2倍、痒みは10倍、数の多さは100倍。痒みの継続日数は2〜3週間くらいで大きく腫れ上がり、熱を帯びます。つまり悪。

数年前の夏、Husseのおじさんが所有する別荘に泊まりに行きました。別荘は森の中にあり、近くには川が流れています。奴らがうじゃうじゃいるのは承知でしたので、蚊除けネット付きの帽子で頭と顔を保護し、高密度生地のアウターとパンツを着用。更に手袋もはめて鉄壁の防御、だと思っていました。完全防備のはずで近くを流れる川で釣りに挑んだのですが、手袋の甲部分はニットになっており、そこを集中的にやられました。手の平部分はレザーだったので助かりましたが、釣りが終わって手袋を外してみると、手の甲だけで43ヶ所刺されていました。それを数える姿と言ったらもう妖怪。1ヶ所...2ヶ所...最後はすすり泣きで43ヶ所...。そっちの方がおぞましいのは今はおいといて。

その夜は痒みで眠れませんでした。翌日、ただでさえむにむにの私の手は、甲部分が腫れ上がりサザエさんの手みたいになっていました。色々地獄。

実は蚊だけではない

北スウェーデンに蔓延る悪は蚊だけではありません。ブヨもいます。蚊が100だとしたら、ブヨは1くらいの割合ですが(個人比べ)、私はブヨにも何度かやられています。痛くて痒くて、蚊よりも痒みが続きます。

 

ティトも刺されます。

先日散歩の後に裏庭でボール遊びをしました。暑い日だったので、ティトは木陰で一休み。

 

気持ち良さそうに休んでいたので、可愛くて写真を撮りました。帰宅後、足やお腹を洗ってドライヤーで乾かしている時に、赤くなっているところを発見。

 

少しわかりづらいですが、直径1cmくらいの赤みが脇の下にありました。ブヨです。可哀想に...。

昨年、今と同じ時期に隣町まで遊びに行った時の事。ティトは公園の芝生で5分程休んだのですが、その時にお腹を数えきれない程ブヨに刺されてしまいました。動かないティトをHusseが抱き上げた時に、赤い斑点がいくつもある事に気付き、私達は青ざめました。まだ到着して数十分でしたが、急いで車をとばして帰ったのを覚えています。週末で病院はお休みだったので、動物用品店に行って店員さんにお腹を見てもらい、オススメされた塗り薬や虫除けを買いました。ティトは痒がる様子は見せませんでしたが、何かがおかしいのはわかっていたはずです。

そんな訳で、この赤みがブヨによるものだと今年はすぐにわかったのですが...。ブヨも蚊も許すまじ!昨年買った虫除けスプレーを振りまいていてもこうですから、もうあとは呪うしかないかなって思っています。

室内での対策

外の蚊やブヨは虫除けスプレー+呪いで何とかするとして、問題は室内です。先週はとても暑い日が続き、家の窓を開けていないと過ごせない程になりました。屋外の日陰にいればさすが避暑地、とても気持ちがいいのですが、なにせ冬に特化した家なので閉め切っていると暑くて熱中症になりそうです。

日本から蚊取り線香を持って来ていましたが、もうなくなりました。

先日のキャンプ用に買ったどこでもベープ的なヤツは我々もお陀仏するので使えません。

kawaiiinu-tito.hatenablog.com四六時中虫除けスプレーをまとうのは勘弁です。

そこで、これを買いました。

虫除けドアネット。

これでバルコニーのドアをいつでも全開しておけます。バルコニーへの出入りは簡単。

左右の境目は磁石になっており、わざわざ開閉しなくても自然にピタっとくっついてくれます。

スウェーデンクオリティー

スウェーデンと言えばデザインの国であり、素敵な雑貨が沢山あります。が、普段の生活用品はなかなかのクオリティーです。このお値段でこれかーと思うものは沢山あります。

この虫除けネットは実際はセールでかなり安くなっていたのですが、こちらもこれかーと思う部類でした。

下側。そよ風と一緒にネットもそよそよ。

出入りする為に下側は固定出来ません。それはわかっていますが、ちょっと重りを入れておくとか何かできるのでは、と思います。

とか言いながら、私はこういうのが結構好きです。当然オイコラと思いますが、しっかりしていそうでしていない人達やモノを見ると、ちょっと好きになってしまいます。ダメそうな人やモノが本当にダメでも、それはそれで好きですが。

まぁないよりは全然いいか、と気持ちを切り替えました。自分で改造する事もできますが、面倒なのでこのままです。いや、そこできるならちゃんとやろうよ、ってどこかから聞こえてきますが、虫です。あ、無視です。

こんな感じなので、また何かあるでしょう。呪いが効いたよ!など、虫関連は今後もまた話題に出てくると思いますが、お付き合い頂けると幸いです。

 

読んで下さりありがとうございます。