カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

トナカイの皮と錫で作る、サーメ人のアクセサリー

2021年の夏、私達は車で小旅行をしました。ここよりも更に北へ。

宿に着く前に色々と寄り道をしたのですが、その一つがトナカイ製品を扱っているKEROというお店でした。そこでバッグとバレッタのキットを記念に購入したのですが、バレッタはその後作る事なく一年が経過しました。重いなー腰!

kawaiiinu-tito.hatenablog.com

せっかく買ったのに、これじゃいかんぞ!

と、自分に喝を入れようやく制作にとりかかったのですが、あら楽しい。あっという間に出来上がってしまいました。

なぜもっと早く作らなかった...?

 

錫で出来たコードを編み、それをトナカイの皮に縫い付け、バレッタに包んで縫い止めたら完成。楽しかったー!

錫のコードと、トナカイの皮を使ったアクセサリーや雑貨は、サーメ人(スカンジナビア半島北部で暮らす先住民族)の伝統的な手工芸品です。トナカイの皮はとっても柔らかくて、アクセサリーに限らず、靴やバッグなどもとても肌に馴染みます。

 

さて、バレッタが出来上がってから数週間後。

友人からサーミアクセサリーの材料をたくさん譲ってもらいました。

 

タイミング良く、その友人の誕生日が間近に控えていました。頂いた材料でブレスレットを作ったら喜んでくれるかしら...?と思い、早速挑戦してみました。重い腰をおろしちゃう前に!

でーきた

 

ボタンはトナカイの角

 

マリンルックが似合う彼女には、きっと青がピッタリ!

イメージ通りの仕上がりで嬉しい反面、初めてでコツがイマイチ掴めずに手こずった箇所も。でも作ってみて初めてわかる事が沢山あり、非常に勉強になりました。

 

友人はとても喜んでくれました。私も作っていて楽しかったですし、プレゼント兼材料のお礼も出来てめでたしめでたし。

 

 

 

....じゃないよ!

ぼくにはないの!?

 

ってティト?ティトも欲しいの?

試しに私のブレスレットつけてみる?

 

うん....わるくないね。
 
ふふふ...。かわい。
耳につけてみましたが、当然ゆるゆるなので使えません。もちろんティトはまったく興味なさそうで、寝ぼけながらも私の茶番に付き合ってくれました。
 
こんなとして遊んでいたら、実際ティトにもサーメアクセサリーを何か作りたくなってきました。首輪のチャームにアレンジしたらティトもつけられるかも…?でも毛に埋もれちゃうかしら...。
ふむ......。
うーーん.....。
 
考えているだけで終わる可能性もアリ。