カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

気持ち(念)、こもってます。

春に迎えた私の誕生日。プレゼントで何か欲しいものある?とHusseに聞かれましたが、今は特にない、欲しいものができたら申し出る、と答えて以降それきりになって今に至ります。

正直、欲しいものは沢山あります。化粧品やら靴やら食器やら。でも改めて誕生日に、となると別にどれもいらないな、と思ってしまいます。なにこの気持ち!

あ!これプレゼントして欲しいかも!と思っても、もう何ヵ月も過ぎたのに今更なぁ...という想いの方が勝ってしまい、結局自分で買ったりどうでもよくなったりします。

 

先日はHusseの誕生日でした。同じように、何か欲しいものある?と訊ねてみましたが、彼も私と同じく今は特にないとのこと。Husseもゲームやら本やら欲しいものはそこそこあると思いますが、わざわざ誕生日にもらうものでもないなぁ...といった心境らしいです。物欲があるのかないのかよくわからない私達ですが、お互いの誕生日には食事に行ったり、本人が好きなように過ごすのが恒例になっています。

とは言え、私は今年も些細な挑戦をしてみました。

 

私はサプライズが嫌いですが、それとは逆に大好きなHusse。昨年はこっそりキャロットケーキを焼いて驚かせてみましたが、そのケーキは見事失敗に終わりました。

kawaiiinu-tito.hatenablog.com今年はショートケーキを焼いてみようか...?

今までスポンジケーキに挑戦したのはたったの一回。全くふくらまずにカチカチになったブツを見て戦意喪失。失敗するごとに上手になるのは重々承知ですが、心はバッキバキに折れてしまい、それ以降焼く事はありませんでした。

でも失敗の原因に心当たりはありました。恐らくタマゴが冷たかった...。常温にしておかないといけなかったのに、ひえひえの状態でまぜまぜしてしまいました。

原因がわかっているなら次は大丈夫じゃない?時間の経過とともにそんな風に思えるようになってきたので、今回焼いてみる事にしました。

 

Husseが仕事中に仕込みます。大人になったティトは私のお邪魔もせずに、大人しく待っていてくれました。アパートの階段を昇る誰かの足音が聞こえたら、すぐさまチェックもしに行ってくれました。ってこれはいつもの事なんですが。

むむむ!Husseが来たかもしれないよ!

 

それがお隣さんだとわかると、まるで私に話しかけるように、Husseじゃなかったみたい!と後ろを向く様が可愛くって、思わずふふふと笑ってしまいました。

大丈夫!今のうちにケーキ焼いて!

 

見張り役は頼もしいティトに任せて、私はケーキに集中です。卵は常温に戻したし、今回はいけるはず!

 

が、しかし。

オーブンの中を凝視するも、生地はなかなか膨らまずに茶色くなるばかり。なんてこった...また失敗だ...。冷ましたら膨らむかも、という意味不明な希望を持ってみましたが、どちらかと言うと(当然ですが)、更に薄く萎んでカッチカチになりました。

でも味はスポンジケーキ。ホイップクリームも用意したしイチゴもある。悔しいので、私はその薄いカチカチのひからびたスポンジケーキを2段に切り、苦し紛れのミニケーキを作成しました。

うっす!かった!

 

念のこもったハート

 

このハートには、大好きだよ!なんて甘い気持ちはこもっていません。ずたずたでも粘った某の執念、しかと受け取れ...!という強迫じみた想いで溢れています。てへ♡

 

ティトが見守る中帰宅したHusse。一息ついた頃にサプラーイズとケーキをかましたところ、喜んでくれました。失敗したかもしれないけど美味しいよ、と言ってくれました。でもゲームしながら片手間で食べていたので、まぁそれなりだったということでしょう。チッ!わかってたけど!

 

今回の失敗の原因もなんとなく目処はついています。たぶん、小麦粉を入れたあとの混ぜ方が悪かった...。でももう一度作るにはまた時間が必要そうです。

来年、私は何を作るのでしょう。なんでもいいけどとにかく成功したものを差し上げたいと思います...(泣)