カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

夏の旅。英語って大切なんだね

旅の続き、第4弾。

色々寄り道はしましたが、やっと宿泊先のコテージに到着しました。

本館にも部屋はありますが、私達は犬連れの為コテージ泊になりました。人数が多い場合はミニキッチン付きの大きなコテージもあり、様々な客層にあった施設だと感じました。

森の中に佇むコテージ。それぞれの建物は湖の畔に建っており、まるで絵本に出てくるような風景が広がっていました。おまけにその湖では泳ぐ事も可能。

オエイシス

 

でも気温は20℃。日光を浴びると汗ばみますが、水にどぼんするほど暑くはありません。いったい誰が泳ぐんだか...。

フラグ回収

 

そう、Husse。写真は加工を施しました。前記事の最後でソワソワしていた理由はこれです。部屋に入る前に湖の存在を確認し、荷物を置いたらすぐに着替え。早く行こうよ!と私とティトを急かし、ドアを出るや否やピューンと湖に向かいました。キャッキャ言いながらも慎重に入水。つめたぁい!と悲鳴を上げつつ楽しそうにひと泳ぎ。上がる頃には震えていましたが、日本語でキモチー!と某水泳選手のように叫んでいて私は爆笑しました。

湖には小島が浮いており、小屋が建っています。

 

写真ではわかりづらいですが、向こう岸から小島に向かって橋が架かっています。小屋の中はサウナになっていて、オプションで入る事ができます。自家製ピザを作って食べて、サウナに入ってやっほーっていうプランらしいのですが、我々は遠慮致しました。

 

Husseが満足した後はティトの番。森の中をお散歩です。

やっとぼくの番ー!

 

本当はノーリードで走り回らせてあげたかったのですが、ちょっと理由があってできませんでした。

実はこのホテル、冬は犬ゾリを体験することができます。恐らく大会などにも出ているのでしょう。ソリを引くシベリアンハスキー達がホテルのすぐ隣りで生活しています。仔犬も含めたその数なんと180匹...。

ホテルを予約する時、犬がいるのは知っていました。でもそこまで沢山いるとは...見逃していました。ティトが吠えるとそれに反応して180匹のハスキーがやまびこのように吠えだすという...すごい現象が起きてしまいました。ハスキー達はもちろん囲いの中で生活をしていますが、オーナーが個人的に飼っているハスキーは放し飼いになっていました。他にも宿泊客の犬がノーリードでコテージの外にいたり。犬達はとてもよくしつけられていましたが、ティトが興奮してどこかに走って行ってしまったら大変なので、私達はリードをつけたままにしました。

シベリアンハスキー達と散歩に行く、仔犬と戯れる、などといったオプションもこのホテルにはあります。私達も触れ合いたい!でもティトは一人でお留守番できないし、抱いて一緒に連れて行くにしても大丈夫かしら...?

Husseがホテルの方に確認したところ、ティトにとってはハスキーの数が多過ぎるので、たぶん怖くてトラウマになってしまうかも...と言われて断念。私達にはハスキー達の様子は事前に確認できないません。経験のある彼らの助言に従う事にしました。

ですが、諦めきれないHusse。じゃぁ、僕と君で交代で参加しよう!と言い出しました。Husseがハスキーと戯れている間、私が部屋でティトと待機、その後交代というふうに。でもここで問題が一つ。

ここのオーナーはスウェーデン人ですが、従業員はみんなオランダ人です。そして誰もスウェーデン語を話せません。スウェーデン人は英語が達者なので、特に問題がありませんが、私は英語が話せません。彼らが一生懸命英語で説明してくれても私は理解ができないし、質問したい事があっても私は伝えられず。それでも別にいいじゃん。ハスキーと戯れたい!って思えばいいですが、私はその空気感に耐えられないな...と思ったのでやめました。

Husseには行っておいでよと勧めましたが、罪悪感が勝ってしまったようで彼も結局参加はしませんでした。もっと英語を勉強しておくべきだった...でも全く興味ないんだよな...でも話せたら...と考えていたらベッドでうたた寝していました。結局その程度。Husseごめぇん。

気を取り直して、夕食を食べに本館のレストランへ。テラス席ならティトも一緒にいられるので、湖を眺めながら食事をする事にしました。

ベープで蚊除けしつつ。

 

よい眺めです。聞こえるのは鳥のさえずりと風の音と...サッカーの歓声。背後のレストラン内ではちょうどサッカーのEURO大会スウェーデン戦が行なわれており、それを見にきた宿泊客やら解説の声でわーわー盛り上がっていました。私達は全くサッカーに感心がないので自然ばかり眺めていましたが、前方と後方のギャップがおかしくて、盛り上がる度に笑ってしまいました。

そんな風に待っていたらオーダーした夕食が運ばれてきました。

 

私がオーダーしたのは、トナカイと森のマッシュルームをクリームで絡めたものにコケモモジャム、それとジャガイモ。おいしい。とってもおいしい!さっき道端で遭ったトナカイが頭をよぎりましたが、おいしい。

みんな!あいつと目合わせちゃダメ!

 

カメラ目線してくれなかったのはそういうことだったのかな?はて?

Husseはスウェーデンらしくミートボールをオーダー。

これは...!

 

スーパーの冷凍ミートボールでこういうのをよく見かけますが、Husseに聞いてみたところ凄く美味しいよ、と言っていたので良しとしましょう。彼は幸せそうでしたし。

 

白夜のスウェーデンは夜遅くまで遊べます。釣りをするも良し、泳ぐのも良し。私達は食後は流石に疲れてしまい、遮光カーテンで部屋を暗くし早々に寝る準備を整えて、21時過ぎには眠ってしまいました。ティトは違う環境で大丈夫か心配でしたが、特にオロオロする様子は見せませんでした。夜中に目覚めて確認してみると、ぐっすり眠っていたので私も安心してまた眠りにつきました。

長かった1日目はこれで終了です。この調子で2日目も...といきたいところですが、実は特に何もありません。のんびり過ごした様子や、帰宅する3日目については次回まとめてご紹介したいと思います。