カワイーヌ・ティトの北欧生活

北欧で暮らすハバニーズ、ティトと飼い主Matte&Husseの日常

SÖTNOS TITO

Titos svenska liv med Matte och Husse

名前の変化形

ティトという名前はHusseがつけました。日本語好きな彼にしては驚きの、スペイン語由来らしいです。龍とか虎とかじゃなくて本当に良かったと思っています。もちろんそれはそれで格好いい名前ですが、ティトには似合わなすぎて。

ティトを呼ぶときはもちろんティトと呼んでいましたが、時が経つにつれ色々変化してしまいました。愛称とでもいうのでしょうか。

  • ノーマル→ティト
  • 第二段階→ティトトン
  • 第三段階→トンティントン
  • 第四段階→トントン

呼んでも来ない時は、ノーマルから第四段階まで連呼します。だから来ないんだよっていう事実は置いといて、毎日呼び続けていたらいつのまにかこんなことになっていました。トントンはもはや何者かわかりませんが、かわいいねトントンなどと私は話しかけています。

※コマンドを出すときや大切な時は、ティトが混乱しないようにきちんと名前を呼びます。

ティトトン

夜はHusseと眠っているティトトン。彼は6時半には会社へ出掛けてしまうので、その後は眠っている私のベッドにやってきます。犬アレルギーの私は医者から夜は犬と一緒に寝ないよう言われていますが、朝の30〜40分は癒しの時間として一緒に寝ています。そんな時、ティトトンはきちんと枕を使います。 

かっわいー

 

ティトトンがベッドに上がってくると私は目覚めます。それから2度寝したいのですが、眠る姿が可愛くて、薄目を開けているため眠れません。(うそ。眠ります)

幸せ...

トンティントン

朝の一時はそんな風に私と寝ていますが、昼間は自由に好きな場所で寝ているトンティントン。その時はかなりの高確率で首がすごいことになっています。

直角...!

 

首が回らない私と違って(冗談です)、トンティントンの首はもの凄く回ります。 

どうなってる??

トントン

首の可動域は360°なのではないか?と思わせるのはトントン。もうここまで来るとちょっとホラーです。

きゃーーー!

いや、そんなのどうでもいい

呼び方の変化=ティトの進化系、みたいになってしまいましたが、そうじゃありません。そんなのはどうでもよく、ただ単にティトの可愛い寝姿と名前を紹介したかっただけです。

色んな寝相で眠った後、ティトはぐいーんと伸びをします。

のびーー

 

前足を伸ばした後、今度は後脚を伸ばします。本当にヨガをしているようで可愛いです。犬もストレッチをしますし、マッサージをすると気持ち良さそうにします。人間の体なら、自分で自分の体を指圧してツボを確認出来ますが、私は犬ではないので実際どこがポイントなのかわかりません。なんとなく骨の際かな、と思って優しく指圧していますが、ティトに言わせればどうなのか...。

変な名前で呼ぶし、ぐにぐに体を触るし、Matteって不気味。

と思われないよう、気をつけたいと思います。

いや、きっともう思っているかな...。